募集職種詳細

生産技術研究開発

生産技術(四輪/プレス工程または溶接工程)

職務内容 Honda生産技術領域で、新技術の研究開発または新機種量産に向けた生産体制の仕様構想をお任せいたします。

【具体的には】※ご経験に応じ、以下いずれかの領域にてご活躍いただきます。
.廛譽更程(新機種量産に向けた生産体制の仕様構想)
●四輪新機種の量産化企画(生産体制の仕様決定)
●金型仕様構想及び製品図への量産要件の反映
※新設備・金型導入の責任者として、国内外の弊社ブランチおよび製作所への出張なども発生致します。
※新機種開発における生産技術担当として、デザインコンセプトの段階から量産までの
一連の業務に関わることができます

⇒論楾程(生産技術開発)
 ●EV自動車生産本格化に向けた生産工程企画業務
 ●異材接合(アルミと鉄など)技術開発
 ●溶接品質向上のための技術開発
 ※新設備導入の責任者として、国内外の製作所への出張なども発生致します。

【やりがい・魅力】
●生産技術開発においては、自らのアイデアを具現化して検証し、工場現場で使って頂き、開発成果が証明されると言うサイクルを繰り返すことになります。現場の作業者からの感謝・喜びの声をいただいたときには、強い達成感があります。
●工場に効率よく既存の技術を入れていくことよりも、本来あるべき姿を考え、それを追い求める仕事が讃えられる風土です。
●一丸となってHondaの3つの喜びを目指した活動を行っています。年齢や年次に縛られることなく、自ら積極的に企画提案することができます。

【現場マネージャーの声】
「Hondaのクルマ車を買って頂けるお客様が、喜んでいただける製品を作る為の生産技術開発業務を期待しています。当社では、組織として、個々の開発者を誠心誠意バックアップしていきます。
現職の経験が活かせると感ずる方、新しい分野にチャレンジしたい方、待っています。」

【募集の背景】
世界各地で研究開発・生産技術・生産・販売の機能を保持し、地域に根を下ろしたグローバル展開を推進してきたHonda。
地域に根差した新機種開発、製造工法、生産設備のグローバル全体への展開を加速させるべく、
“生産技術”組織の強化を図ります。
「世にないクルマやバイクを造るには、それらを造る機械も、世にないものでないとならない」
本田宗一郎の想いは今も脈々と引き継がれており、世にない生産技術のみならずその命となる革新的な設備を手掛けていく仲間を募集します。

【職場環境・風土】
「買う喜び」、「売る喜び」、「創る喜び」の「三つの喜び」基本理念に、Hondaでは数々の製品を創業から生みだし続けてきました。
役員から現場で働く従業員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。
積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。

※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】 
応募資格 お任せする業務,泙燭廊△暴爐犬泙后
■.廛譽更程(新機種量産に向けた生産体制の仕様構想)
【必須】
・プレス金型工程に関する知見をお持ちの方(実務経験なしの方も可)
【歓迎】
・プレス金型工程の企画・立案経験をお持ちの方
・CAE評価の経験、CADの使用経験

■⇒論楾程(生産技術開発)
【必須】
・完成車メーカー、自動車部品メーカー、電機メーカー等で、生産工程の企画経験をお持ちの方
【歓迎】
・溶接工程の企画経験

【求める人物像】
●責任感を持ち、積極的に業務の取り組める方
●与えられた業務だけでなく、自ら新しい分野にチャレンジする意欲のある方
●論理的に物事を考えることができる方 
勤務地 ●ホンダエンジニアリング(栃木県)
※将来的に、本田技研工業(株)、(株)本田技術研究所、(株)ホンダアクセス、
  並びに、海外事業所への異動の可能性があります。

※参考情報:宇都宮の暮らしについては【こちら】

【ホンダエンジニアリングについて】
Hondaでは役割ごとに機能分社しており、生産技術研究開発をホンダエンジニアリングが担当。
(製造及び販売を本田技研工業、商品開発を本田技術研究所、
 純正アクセサリーの商品開発、製造及び販売をホンダアクセスが担当しています。)

ホンダエンジニアリングでは、技術戦略の立案から研究開発・設計・商品化・製造・据付に至るまでの「総合力」を活かし、世界中のHondaの生産拠点へ最適なモノづくりを提案しています。

ホンダエンジニアリングの詳細情報は【こちら】
 

リクナビNEXT会員ならスムーズに応募できます