募集職種詳細

研究開発

四輪電子制御システム開発

職務内容 高度先進安全運転支援システム、自動運転システム、電動車、コネクテッドカーなどの電気電子制御システム開発

【募集の背景】
Hondaは、『Safety for Everyone』をスローガンに、予防安全技術による事故回避を重要開発テーマとしています。クルマを乗る時に必ず発生してしまう事故リスクを極限までゼロに近づけることがミッション。単に高機能化するだけではなく、必要な機能を広く普及可能なコストで実現することも同時に求められます。
また、『Blue Skies For Our Children』のスローガンのもと、CVCCエンジン開発の時代からHondaに受け継がれる、環境にやさしい四輪車開発も重要なテーマとして取り組みを更に加速しています。
自動化、電動化、コネクテッドカーの増加に伴い複雑化が進む車両電子システムを共に開発する仲間の募集です。

【具体的には】
高度先進安全運転支援システム、自動運転システム、電動車、コネクテッドカーなどに対応した
●車両全体ネットワークの設計(システム配置、セキュリティ含む)
●車両制御用プラットフォームの開発
●制御開発全体に適用できる開発基準、開発手法と標準化の構築
●システムズエンジニアリング的観点に基づく研究開発手法構築

【開発ツール】
CAE全般,C言語,Matlab/Simulink,Modelica ,SysML,UML,Rhapsody,CANalyzer

【魅力・やりがい】
今後自動車の開発の主流になる自動運転車、電動車等の開発に総合的に関われるポジションであり大規模で複雑なシステム、プロセス、組織をコントロールいただきます。

【職場環境・風土】
「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を創業から生みだし続けてきました。役員から新入社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。「こんなクルマが作りたい!」と自ら手を挙げてプロジェクトを立ち上げるような気概を持った方に、是非仲間に入っていただきたいと思います。

※Hondaの安全への取り組みについては【こちら】

※転職者インタビューは【こちら】

※HondaSENSINGについては【こちら】

※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】


※Honda Technology Newsは【こちら】 
応募資格 【求める経験・スキル】
電気・電子・情報分野に関する知識をお持ちの方で、以下のいずれかのご経験をお持ちの方
●組込みシステムの開発経験(H/W、S/W)
●半導体・マイコンに関する知識・開発経験
●ネットワーク・サーバー等の設計・構築業務
●AUTOSAR対応ソフトウェアの開発経験

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】
●電動パワープラント(エンジン/トランスミッション/モーター等)制御の開発経験
●機能安全(ISO26262)、充給電システムに関する知識
●SysML、UMLの使用経験
●英語でのコミュニケーション能力
●大規模システムの開発経験、プロジェクトマネジメントの経験
●Automotive SPICE(HISスコープ) Level3以上の職場での開発経験
●システムズエンジニアリング・モデルベース開発に関する知識・経験
●人工知能に関する知識・開発経験

【求める人物像】以下の想い・適性をお持ちの方
●世界初の技術を創り出し、世の中に貢献したいという想い
●新しいことに飛び込み、異なる考えを柔軟に受け入れようとする受容性
●新しいことにチャレンジしたいという想い
●高い目標を掲げてやりきるエネルギー
●グローバルで活躍したいという志
●自分の考えを積極的に発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる力
●様々な関係者と明るくやりとりできるコミュニケーション力
 
勤務地 ●株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター(栃木)
※上記は初任地になります。将来的に、海外を含む転勤の可能性がございます

※参考情報:宇都宮の暮らしについては【こちら】
※2019年3月現在
 

リクナビNEXT会員ならスムーズに応募できます