募集職種詳細

研究開発

持続可能な航空燃料(SAF)の合成に必要なリアクターの研究開発(機械領域)

職務内容
========================

リモート面接実施中です。

========================

二酸化炭素からカーボンニュートラル燃料への合成に向けたFT合成用のリアクターの研究開発をお任せいたします。

【募集の背景】
Hondaは、この地球上で人々が持続的に生活していくため、「環境負荷ゼロ」の循環型社会の実現をめざし、これまでの「Triple ZERO」を超えた、より高い取り組み目標を掲げます。「カーボンニュートラル」「クリーンエネルギー」「リソースサーキュレーション 」、 こ の3つを1つのコンセプトにまとめた「Triple Action to ZERO」を中心にして、取り組みます。この取り組みによって、可能な限り地球資源の消費を抑制し、環境負荷のない社会を目指す中で持続可能な航空燃料(SAF)の研究開発に共に挑戦する仲間を募集しています。

【具体的には】※ご経験に応じて以下の業務をお任せいたします。
・FT合成用高圧反応器の機械設計・開発
・高圧反応器の触媒配置や使用条件の提案
・触媒が高活性となる反応条件(温度/圧力/Space Velocity等)を安定維持できる反応器の設計
・評価試験で必要となる高圧ガス法規対応の仕様反映
・共同開発先(メーカ様や研究機関)との仕様すり合わせ

※専門性や適性、会社ニーズなどを踏まえ、会社が定める業務への配置転換を命じる場合があります。

【開発ツール】
CATIA
ASPEN Plus

【キャリア入社する方々へのメッセージ】
・昨今注目度が集まるSAF開発業務であり、HondaはHondaJetをはじめとした航空事業も有していることから、社内の航空エンジン開発部門や燃料規格制定活動部隊と連携した総合的な開発経験を得ることができます。

※参照記事:
・航空領域でのカーボンニュートラルへの挑戦 
〜「SAF」と「次世代パワーユニット」研究開発の最前線〜


・FT反応は、高温・高圧環境が必須ですが、開発に必要な装置産業の知見が社内では不足しているため、プラント開発や高圧ガス法対応等のこれまでのご経験を活かして、研究開発の加速に貢献いただくことを期待しております。
・将来的には、カーボンニュートラル研究領域のリーダー業務、社内航空事業部門と連携した技術訴求や事業化支援等、希望や特性により研究開発と事業両面から活躍を期待しております。

【職場環境・風土】
「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を創業から生みだし続けてきました。役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。

※Hondaのキャリア採用募集職種一覧は【こちら】 
応募資格 【求める経験・スキル】※以下いずれかの経験をお持ちの方
●プラントにおける触媒を用いた化学反応器の設計/テストの経験

★技術的なキーワード:
高圧装置 高圧設備 プラント設備 合成ガス 反応槽 反応器 反応装置 リアクタ 触媒層 FT合成 固定床 流動床 スラリー床 等

【上記に加えて歓迎する経験・スキル】
●化学工学、流体力学の知識
●3D CADを用いた機械装置の設計
●CFDを用いた熱流体解析業務経験
●プラントエンジニアリング会社での高圧ガス反応装置の設計経験者
●石油業界や化学会社などコンビナートでの高圧ガス反応器設備の発注・導入経験
●プロセスシミュレータ(Aspen Plus等)を用いたプラントのプロセス開発経験

【求める人物像】
●Hondaフィロソフィーに共感いただける方
●研究開発において、高い主体性とリーダーシップを発揮できる方
●夢を持ち、高い目標を掲げてやりきるエネルギーのある方
●自分の考えを発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる方
 
待遇 Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万〜1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。 
勤務地 ●本田技術研究所 栃木県芳賀郡芳賀町大字下高根沢4630

※将来的な転勤の可能性はございます。
※業務上の事情により国内外の事業所(子会社及び関連会社を含む)への異動、または出向・派遣を命じる場合があります。