募集職種詳細

研究開発

リチウムイオンバッテリー・バッテリーパックの研究開発(電気領域)

職務内容 ========================

リモート面接を実施中です

========================

Honda全製品を対象としたパワーユニット向けバッテリー開発における研究開発をお任せいたします。

【募集の背景】
10年後も20年後もその先も、より多くの人々に「喜び」を提供するために、日々進化をし続けるHonda。今後も、さらなるイノベーションを巻き起こすため、社内外からも英知を結集し、これまでにない新しいPowered by Hondaをつくりあげます。

社会が多様化する中、自動運転システムや知能化(AI)技術、電動化(HEV, PHEV, BEV,FCV)技術の進化に伴い、ヒトとモビリティの関係性やそれを取り巻くビジネスが大きく変わろうとしています。
そんな中、Hondaらしい「自由な移動の喜び」をお客様に提供し続ける為には、技術の進化をふまえたイノベーティブな進化が必要です。
従来の価値観にとらわれず、モビリティの新しい可能性を探究し続け社会に役立つ次世代のモビリティを一緒に創ってみませんか。

【具体的には】  ※ご経験/スキルに合わせ詳細業務を決定します
■Honda独自のバッテリーパック設計・性能評価
Mobile Power Packなどの標準バッテリ、eVTOL等の航空向けバッテリをお任せいたします。
・性能目標の策定、仕様書作成、および適用技術の構築
・低圧・高圧電装設計(コンタクタ―・ヒューズ・バスバー、ハーネス、コネクタ等)
・解析、評価、テスト (バッテリ性能・耐久性・安全性 等)
・システム設計及び検証(電池パック、高圧配電・低圧配電 等)
(エンジン、トランスミッション向け部品などの開発経験なども活かせます)

※中国・北米等各地域における現地開発支援のため、海外出張および駐在が発生する可能性がございます

※専門性や適性、会社ニーズなどを踏まえ、会社が定める業務への配置転換を命じる場合があります。

【開発ツール】※ミッションにより異なります
・設計・解析ツール:CATIA V5、各種CAEツール 等
・シミュレーションツール:(1D ) Simlink, Amesim。LT-SPICE等
・評価・計測ツール:充放電装置、インピーダンス、オシロスコープ等

【業務の魅力】
既存の事業レンジにとらわれないHonda Mobile Power Packやリチウムイオン電池、また運用・管理のためのソフトウェア技術の開発などを通して、モビリティだけではなくエネルギーに関する社会課題の解決を目指す職種であり、ホンダとしても今後注力する領域の技術開発を担っていただきます。
Hondaのカーボンニュートラル化に向けた重要技術であるリチウムイオンバッテリーは四輪のみならず、二輪、パワープロダクツ、新モビリティ等にも使われるため、幅広い製品に携わることが出来ます。

【現場社員の声】
31歳(キャリア入社2年目、電機メーカ出身・機械設計)
「現在バッテリーパックの性能評価や新機能開発に取り組んでいます。前職でも民生用バッテリーパックの開発をしていましたが、似たような規格・商材であっても、Hondaでは車載用としてより厳しい品質基準になっていたり、バイクやクルマで培われた独自の技術を応用したりと、日々学びの連続です。新技術構築に向けてサプライヤー企業様を調査したり、時には共同開発したり、紆余曲折しながら一つずつパーツを選定し組み上げ一つのパック(システム)として完成させる喜びは代え難いものがあります。
元エンジン開発、元ハーネス開発、バッテリメーカ出身など様々な知見をもつ各分野の専門家の方々からノウハウを教えてもらい、時には一緒に悩んで解決していく経験を通して自身の知識を深堀し、更なるスキルアップをすることが出来ています。深く熟考したかと思えば、急にテストを始めたり、データをとことん解析したり、技術に対してまっすぐな姿勢が多く、「プロの技術屋集団」という表現が最も近い、そんな部署です。技術においては年齢役職問わずフラットに会話する事が出来るのも、Hondaの企業風土ならではだと思います。」

34歳(キャリア入社2年目、家電メーカー出身・機械設計)
「入社後、標準バッテリーパックの開発に取り組んでいます。
様々な商材に適用できる標準バッテリーパックの開発であるため、開発は難しいですが、Hondaの多岐に渡る商材の電動化に貢献できるので、とてもやりがいがあります。
前職でも電池モジュールの開発に携わっており、電池膨張力を抑えるための板金部品や電池を絶縁するための樹脂部品等の設計をしていましたが、自社の電池を顧客要求にどうにかして合わせたモジュール開発になりがちで、将来どのような電池が必要か、また電池パックとしてどのような開発が必要か、など自分自身であまり考えられていませんでした。
Hondaに入ってからは、自分自身で10年後、さらにその先をどのような世界にしたいかを考え、技術に落とし込む開発をしています。数十年先の将来を考えることは難しく、悩むこともありますが、描きたい未来の実現に向けて、みんなで後押ししてくれる職場だと思います。」

【職場環境・風土】
「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を創業から生みだし続けてきました。役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。

※「株式会社Gachaco」の設立については【こちら】
※Gachaco PR Movie 【YouTube動画】
※Honda Mobile Power Packについては【こちら】
※Honda Technology Newsは【こちら】
※Hondaのキャリア採用募集職種一覧は【こちら】 
応募資格 【求める経験・スキル】※以下、いずれかの業務経験を有する方。
●ハーネス・ジャンクションボックスなどの電子・電装部品の電装設計の経験
●EMC設計/評価

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】
●リチウムイオン電池およびバッテリーパックのセル設計/評価・解析/生産技術/品質保証の経験
●リチウムイオン電池の量産開発経験
●ECUソフトウェア/ハードウェアにおける要求仕様書作成と成果物検証
●計算科学に関する知識・実務経験
●EV/BEV/HEV/PHEV/FCVなど環境車関連の開発(設計・評価・制御)経験
●車載高圧部品に関する知識・開発経験

【求める人物像】
●Hondaフィロソフィーに共感いただける方
●研究開発において、高い主体性とリーダーシップを発揮できる方
●夢を持ち、高い目標を掲げてやりきるエネルギーのある方
●自分の考えを発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる方

 
待遇 Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万〜1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。 
勤務地 ●本田技術研究所 
埼玉県和光市中央1-4-1
栃木県芳賀郡芳賀町大字下高根沢4630

※将来的な転勤の可能性はございます。
※業務上の事情により国内外の事業所(子会社及び関連会社を含む)への異動、または出向・派遣を命じる場合があります。

※参考情報:宇都宮の暮らしについては【こちら】