募集職種詳細

研究開発

四輪/ボディ・内外装・シャシー・パワーユニット・先進電子制御・半導体の部品購買(バイヤー)・調達戦略

職務内容
========================

WEB面接実施中です。

========================
次世代自動車開発領域における部品調達組織にて、開発から量産まで一貫した調達企画を担当します。

【募集の背景】
HONDAは世界中の人々に「すべての人に“生活の可能性を拡げる喜び”を提供する」という2030年ビジョンを掲げ、既存のビジネスの枠組みを超えて新しい価値創造を可能とする企業への変革を進めています。
そのような中、変化の激しい四輪業界においても新たな価値を生み出し進化し続けることが不可欠となっています。
本求人では日々進歩する先端技術の刷新を止めない調達担当として、Hondaのイノベーション速度を維持し、共に挑戦を継続できる新しい仲間を募集しています。

【具体的には】
・開発から量産におけるサプライヤー選定およびコスト企画
・直材における原価低減活動
・量産部品、補修部品、材料等の調達実務および供給保全
・各領域における調達戦略企画およびサプライヤーマネジメント
・業界動向センシング、パートナーシップ戦略、技術交流促進

主な取り扱い部品:
・ボディ(内装、電装、ボディ、外装)
・シャシー(ステアリング、サスペンション、燃料タンク、タイヤホイール)
・パワーユニット(エンジン・ドライブユニット、IPU(インテリジェントパワーユニット)及びFC(燃料電池)ユニット関連部品)
・先進電子制御(ADAS(先進運転支援システム), E&E(電気/電子) , デジタルコックピット関連部品)
・半導体

※将来的には、海外駐在の可能性もございます。
※組織の強靭性を高めるため、さまざまな業界の方のご応募もお待ちしております。
※専門性や適性、会社ニーズなどを踏まえ、会社が定める業務への配置転換を命じる場合がございます。

【業務の魅力】
Hondaが大切にしている「Hondaフィロソフィー」を行動や判断の基準とし、一人ひとりの社員が裁量を持ち、ダイナミックに働いているHonda。
私たち調達は価格の競争力だけではなく、品質、お取引の財務状況、サステナビリティ、供給リスクなど多角的な観点でお取引とwin-winな関係を構築し、商品競争力強化のために活動しています。
ご自身が携わった商品を通して、世界中のお客様の移動の喜びや、生活の可能性を拡げることに貢献できるやりがいのある仕事です。
また、ソフトウェアを通じて”つながる”クルマが社会インフラとして機能し始めている昨今、これまでのサプライチェーンを踏襲しつつも、既存の枠にとらわれない新たな調達の戦略構築が必要となっています。
100年に一度といわれる自動車業界で、多くのサプライヤーやベンダーと関わりながら、そのハブとなるOEMメーカーにて中心的な役割を担う醍醐味があります。

【おすすめの記事】
Hondaフィロソフィーとは
[特別対談] 元Honda社員と語るHondaのフィロソフィー
仕事も育児も、しなやかに強く。Hondaで輝くワーキングマザー
仕事と育児の両立実現に向けた軌跡
キャリア採用募集職種一覧 
応募資格 【求める経験・スキル】
※以下、いずれかの業務経験
●製造業における購買、調達、設計、開発、生産管理のいずれかをご経験
もしくは半導体の営業、購買、調達、設計、開発、生産管理のいずれかを
ご経験、
●組織のマネジメントや経理・財務のいずれかをご経験

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】
●自動車業界(OEM・部品)での業務経験
●製造業における部品バイヤー経験
●ものづくりの現場に携わったことのある方
●新たなサプライチェーンを構築したご経験(新規取引先開拓・M&A・事業売買 等)をお持ちの方

【求める人物像】
●Hondaのフィロソフィーに共感いただける方
●課題を抽出し、解決まで行動する主体性をお持ちの方
●自分の考えを積極的に発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる方
●世の中の動きに常にアンテナを張ることができる方
 
待遇 Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万〜1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。 
勤務地 ●本田技研工業株式会社 栃木県芳賀郡芳賀町大字下高根沢4630

※業務上の事情により国内外の事業所(子会社及び関連会社を含む)への異動、または出向・派遣を命じる場合がございます。

※参考情報:宇都宮の暮らしについては【こちら】