募集職種詳細

本田技研工業株式会社 キャリア採用

板金塗装技術における人材育成の企画・推進(四輪/グローバル)

職務内容 ========================
リモート面接を実施中です
========================
Hondaのグローバルな領域にて板金塗装技術の更なる修理品質向上を目指し、海外インストラクター人材育成の企画および新技術の市場展開における戦略立案を担っていただきます。

【具体的には】
●海外における板金塗装修理サービスの品質・作業効率向上を目指した教育体制の企画・推進(海外現地法人のインストラクター育成を目的とした教育プログラムの企画、教材作成、実技教育の実施)
●技術研修で実機に触れながらアジア大洋州、中近東、中国の現地法人インストラクターを育成
※その他、新車開発における板金塗装修理の検証等、板金塗装に関する幅広い業務をお任せいたします。
※国内外の出張が発生いたします。(北米・中国・アジア・欧州等)
※業務では基本的に通訳を介すため英会話能力は問いません。

【やりがい・魅力】
●海外のHonda標準の修理を担う中核人材を育成します。自らの経験や技術が世界に広く伝わっていくダイナミズムを体感することができる仕事です。
●育成に携わった中核人材の成長に責任を持ち、彼らが一人前になった際にはともに喜びを分かち合うことができます。
●新技術の開発や新しい板金塗装ビジネスの企画にも積極的に携わっていただきたいと考えております。是非、今までのご経験を活かし、Hondaの板金塗装技術に新風を吹かしていただくことを期待しています。

【現場社員の声】
海外出張にて現地法人板金塗装工場の視察に訪問したり、来日した現地法人スタッフへの技術指導を行うなど、海外法人・スタッフと共創した仕事に取り組むことができます。

【募集の背景】
10年後も20年後もその先も、世界中でより多くの人々に「移動の喜び」を提供するため、日々進化を続けているHonda。
Hondaが策定した2030年ビジョンは、「すべての人に、『生活の可能性が拡がる喜び』を提供する世界中の一人ひとりの『移動』と『暮らし』の進化をリードする」というステートメントで表されるものです。このビジョンを達成するため、21世紀の方向性の活動指針である「喜びの創造」「喜びの拡大」「喜びを次世代へ」の3つの視点で、取り組みの方向性を定めました。
中でも「喜びを次世代へ」を実現するために環境と安全の領域でのナンバーワンをめざして、全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラルや、Hondaの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロ社会の実現をリードする存在となることをめざしていきます。
そのような中で、最先端の技術とHondaの培ってきた板金塗装技術を融合させ、更なる製品・サービスの向上に向けて共に挑戦していただける仲間を募集します。

【職場環境・風土】
Hondaは「三つの喜び(買う喜び、売る喜び、創る喜び)」を基本理念に、創業から数々の製品を生みだし続けてきました。
役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。主体的に仕事に向き合い、意欲と能力のある社員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。

◆Hondaの社風・働き方
仕事も育児も、しなやかに強く。Hondaで輝くワーキングマザー
経験者と妻、そして上司が語る、男性の育児休職のススメ
仕事と育児の両立実現に向けた軌跡
[特別対談] 元Honda社員と語るHondaのフィロソフィー
Hondaフィロソフィーとは

◆参考リンク
中途採用募集職種一覧

 
応募資格 【求める経験・スキル】
●板金塗装の実務経験をお持ちの方

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】
●製造業において指導員/トレーナーのご経験をお持ちの方
●国内外自動車ディーラーでの整備経験をお持ちの方(自動車整備士資格の保有者等)
●Excel/PowerPointの業務上での使用経験

【求める人物像】以下の想い・適性をお持ちの方
●「人」の力で事業/組織に貢献したいという考え方をお持ちの方
●高いコミュニケーション能力を持ち、自発的に物事を考え行動することができる方
 
待遇 Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万〜1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。 
勤務地 本田技研工業株式会社 埼玉県和光市白子2-25-3

※上記は、初任地となります。
その後は、国内および海外事業所への異動の可能性があります。