募集職種詳細

ライフクリエーションセンター 研究開発

新型ロボットの知能化技術(機械学習/人・環境認識)研究・開発 ※ライフクリエーションセンター

職務内容 新型ロボットの知能化技術(機械学習/人・環境認識)研究・開発をお任せいたします。

【募集背景】
ライフクリエーションセンターでは先進技術をベースとした、様々なロボティクス技術を世の中に伝えて人々の生活に役立てるための研究開発およびサービス化をすすめています。
私たちHondaの目指すロボティクス製品は、最新のAI技術やロボット制御技術を活用して、人を助け、人と共に成長し、人と共感できるロボティクス社会の実現を目指します。

人々の役に立ちワクワクするロボティクス社会の未来を実現するために、共に悩み、共に考え、共に実践して頂ける、チャレンジ精神と高いモチベーションを持った仲間を募集しています。
従来の価値観にとらわれず、ロボティクス応用製品の新しい可能性を探究し続け、社会に役立つ次世代の技術や製品を一緒に創ってみませんか。


【具体的には】※ご経験/スキルに合わせて詳細業務を決定します。
ゝヽ3惱(ディープラーニング、強化学習等)
●行動推定、状態遷移予測、最適行動学習の技術開発
●統計学、線形代数、確率論等を用いた最適化アルゴリズムの開発
●複数台のロボットが「協調」して動くために必要なデータの統合と共有に関する技術開発

⊃諭Υ超認識
●人の動作予測や物体・環境認識のための画像認識やセンシング技術の研究開発
●人の意図推定技術の研究開発
●複数のセンサー情報を統合してシーン理解をするためのセンサー統合技術の研究開発

※シリコンバレーをはじめとした海外拠点との連携もございます
※多くのビジネスパートナーとの協働の可能性があり、Honda社内だけではなく、幅広い最新技術に触れることができ、エンジニアとしての成長やチャレンジが豊富な環境です。

【使用ツール】
・C/C++/Python
・TensorFlow/Caffe/Theano/Chainer/Keras等の学習フレームワーク
・Git等のソースコードバージョン管理ツール
・その他、ロボティクスにおけるソフトウェア開発にて使用されるOSSライブラリや開発環境

【やりがい】
今後訪れる少子高齢化時代に向けて、「人」を軸とした研究アプローチをとることで、ロボティクス技術やAI技術をフル活用して、新しい価値を創造し、社会に貢献することができます。
そして、自主性が尊重され、意思のある挑戦が許される。新しい技術にどんどん挑戦し、世の中に新しい価値を提案したいという思いを実現できるやりがいのある環境です。

【職場環境・風土】
「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を創業から生みだし続けてきました。役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。「こんな○○が作りたい!」と自ら手を挙げてプロジェクトを立ち上げるような気概を持った方に、是非仲間に入っていただきたいと思います。

【ライフクリエーションセンターについて】

2019年4月、二輪車・四輪車以外の商品開発を担い、既存のパワープロダクツ製品の知能化やロボティクス・エネルギーマネジメント領域の新規商品開発力強化を図るため、ライフクリエーションセンターが設立されました。領域の垣根を越え、「移動」と「暮らし」に新価値を提供していく機能を担っています。

【Hondaのロボティクス研究・開発について】
人工知能やビックデータをはじめとするデジタルテクノロジーの進化に伴い、従来以上に幅広いフィールドでの価値創造の可能性が拡がる中、Hondaでは、これまでの「モノづくり」に加え、人と協調する新たな価値をもった「モノ・コトづくり」に取り組んでいます。当面の研究領域は、「ロボット技術」および「モビリティシステム」などの自律的に動く機械やシステムと考えており、その総称を「ロボティクス」としています。ロボティクスの概念には、ロボットやモビリティシステムを動かすための「エネルギーマネジメント」も含まれます。また、ロボティクス開発の基盤として、人を理解し、人と協調するために必須となるAI技術の活用についても積極的に研究していきます。

※Honda Roboticsについては【こちら】

※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】
 
応募資格 【求める経験・スキル】
ゝヽ3惱(ディープラーニング、強化学習等)
●C++または他のオブジェクト指向言語の豊富なプラグラミング経験
●TensorFlow/Caffe/Chainer等の機械学習フレームワークを用いたAI技術開発の職務経験
●機械学習向けのデータ収集、教示、学習など実データを用いたAI技術開発の職務経験
●ROS(=Robot Operating System)などミドルウェアを用いたロボット技術開発の職務経験
●経路生成やパスプランニングなどのロボット向けソフトウェア開発の職務経験

⊃諭Υ超認識
●プログラミング(C/C++/Java/Python等)の職務経験
●人物認識・物体認識などの画像認識技術開発の職務経験
●人の行動解析、意図推定などのセンサー情報処理技術開発の職務経験
●LRFやカメラ画像などの複数センサー情報の統合技術開発の職務経験
●組み込みLSI上やクラウドサーバー上での画像認識技術開発の職務経験

【求める人物像】
●Hondaの目指すロボティクス社会のビジョンに共感して頂ける方
●目的に対して部署横断的に活動できる行動力を持った方
●技術に対して論理的に説明できて周囲を巻き込んで問題を解決できる方
●変化を許容し柔軟に対して能動的に取り組める方
●自己の意思や想いを発信しながら他人やチームを尊重しプロジェクトに貢献できる方
●お客様先、海外拠点などを含めて、未開の地に飛び込んでいける方
●常に利用者視点でものごとを捉えて、具体的な解決策を試行できる方
●責任を持って最後までやりきる力を持った方
●10年後に一緒に働いていて良かったと思える方
 
勤務地 ●本田技術研究所 ライフクリエーションセンター(埼玉県和光市)
※将来的に、本田技研工業(株)、(株)本田技術研究所、(株)ホンダエンジニアリング、並びに、海外事業所への異動の可能性があります。

 

リクナビNEXT会員ならスムーズに応募できます